安村真奈 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 安村真奈 へ行く。

**プロフィール [#jeaac9ce]
#ref(tay.jpg,right,around)
-安村 真奈(やすむらまな)
-2004年7月8日生まれ
-かに座
-A型
-熊本出身
-エイベックス所属
#br

**ニックネーム [#g535927d]
-マナ

#br
**どうやってプチモになった? [#i0ce5c1f]
-キラチャレ2015(ニコプチ賞)
--エイベックスの主催する新人タレント発掘オーディション「キラチャレ」では、ファイナリストの中からニコ☆プチ賞が選出され、その者は直通でプチモになることができる
--安村は、小5時に応募したキラチャレにおいて、同賞のみならず、モデル部門の頂点であるグランプリもダブル受賞する
--なお、ニコプチ賞の受賞者がグランプリも同時に受賞するというケースは、キラチャレ2010における福島雪菜以来、実に5年ぶりとなる快挙
--プチモデビューは2016年4月号


#br
**モデルを目指すきっかけは? [#s50ff2f3]
-お洋服が大好きで、モデルというお仕事に興味を持った

#br
**どんな女のコ? [#m95e2483]
-一人称は「まな」

-小5からプチ読

-好きな食べ物は野菜全般で、肉より魚派

-好きな科目は算数と理科という、完全な理系女子

-特技は一輪車

-好きなブランドはラブトキシック、レピピアルマリオなど

-憧れ・目標は、飯豊まりえ、西内まりや、松井愛莉、ローラ。ほぼニコラ系で占められる

-好きなお笑い芸人はとにかく明るい安村

-兄弟は、弟が1人の二人姉弟

-多数購読するファッション雑誌の中でも、特にオススメなのが「Ranzuki」で、同誌専属モデルの和田優香の大ファン。オフィシャルブログでも、読者にオススメする

-ファッションモデルというお仕事や芸能界には、つい最近まで、あまり興味がなかった。よって、キラチャレは、はじめて受けたオーディションである

-ニコプチにおいては、編集スタッフからも「年上よりもしっかり者」と評されるように、すっかり優等生タイプのしっかり者キャラで定着。これに対し本人は「ただのマイペース人間です・・・」と謙遜

-お菓子大好きながら、食べ過ぎないように、小さな巾着に、その日食べていい分だけを入れて持ち歩く。自己管理を徹底しているあたり、しっかりモノと呼ばれる所以

-か弱そうに見えるが、腕力は意外と強い。撮影の空き時間、プチモ同士で腕相撲対決。安村はみごと全勝し「プチモ腕相撲女王」の座を手にする

-2016年4月の熊本地震の際、安村は家の自分の部屋にひとりでいた。あまりの揺れに、部屋から逃げることも、家族のいるところに行くこともできず、ただただベッドの下に隠れることしかできなかった。その後、避難の準備中に本震に襲われ、家具や食器棚、アップライトのピアノまで倒れる。以後、数日間は家族で車中泊を経験する

-乃木坂46(3期生)の阪口珠美に似てる
#br

**プチモとしてのあゆみ [#e0eccb7c]
-第4回プチモオーデ合格の高田凛(2016年2月号加入)は、安村と同じく「キラチャレ2015」ファイナリスト。グランプリ&ニコプチ賞を受賞した安村に対し、高田は審査員特別賞

-そんなキラチャレにて、ニコプチの専属権は安村が獲得したものの、並行して行われていたプチモオーデの合格により、高田の方が一足先に専属になるという珍事も起こる(安村はプチモオーデには応募せず)

-2015年12月23日、初めてニコプチの撮影に参加したことをツイッターで報告。安村のプチモデビューは、2016年2月22日発売となる4月号

-2016年1月1日現在の身長は160cm。プチモデビュー時の身長(161cm)としては、飯豊まりえ(デビュー時159cm)を超え、歴代1位となる

-初登場号では、別冊付録「イメモパーフェクトBOOK」にてブルクロのイメージモデルに抜擢されたのを筆頭に、ファッションページ、新モヘアアレにも登場するなど、まさに、新人としては破格の待遇

-初の撮影は上記ファッションページの遊園地ロケ。さっそく、先輩プチモである伊藤小春と西川茉佑から変顔の洗礼を受ける。なお、結局安村は、カメラの前で先輩たちのような変顔はできなかった

-2016年8月号では、プチモ史上最高に脚がキレイな三姉妹として、「美脚3姉妹特集」が掲載。安村は、その末っ子。なお、次女が夏目璃乃で、少女が黒坂莉那。身長163に対し股下78という抜群のスタイルを披露する

-2016年9月に京セラドームで行われた関コレ2016に、プチモを代表して参加。その会場の広さに言葉を失う。ステージ後、黒坂とともに、憧れの藤田ニコルに突撃インタビュー。感想は、「大好きなにこるんは、雲の上の存在。きさくに話してくれて、うれしかった。顔もめっちゃ小さかった」

-続く2016年10月号では、お泊りの神戸ロケに参加。その際、表紙も参加したメンバー4人で撮影され、念願の初表紙となる。4月号からプチモになった安村にとって、表紙までに要した期間は&color(red){半年};(登場4冊目)ということで、歴代でもトップクラスのスピード

-また、神戸ロケ初日の夕ご飯では、プチモ&スタッフみんなで行った中華料理店において、ことごとく野菜を残す黒坂に対し、お野菜大好きの安村が、年下&後輩ながら「あのね、りーちゃん。お野菜もちゃんと食べなきゃ!」と説教する

-2016年12月号では、その黒坂とのツーショットで、初表紙から2号連続、2度目の表紙となる。これで小6プチモの中では、ただ1人の表紙複数回経験者となり、一気に来年のエース候補の筆頭となる


#br
**ニコプチ登場メモ [#w9e1232d]
-キラチャレ出身
--加入時学年:小5
--加入時身長:160cm
-2016年04月号:ニコプチデビュー
-2016年08月号:美脚3姉妹
-2016年10月号:初表紙&神戸ロケ
-2016年12月号:表紙&私服