近藤藍月 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 近藤藍月 へ行く。

***プロフィール [#ifeb72f1]
#ref(wait.png,right,around)
-近藤 藍月 (こんどうあき)
-2007年6月30日生まれ
-カニ座
-A型
-東京出身
-エイジアプロモーション所属
#br

***ニックネーム [#d3171d0b]
-アキ

#br
***どうやってプチモになった? [#lac96991]
-プチコレ選出
--2018年実施「プチコレ∞」のランウェイ読者モデルステージ(バイラビットステージ)に出演。これをきっかけに、ニコプチ専属モデルに選出される
--選出同期は高比良由菜&入江美沙希
--プチモデビューは2018年10月号
#br

***どんな女のコ? [#uf0d887f]
-家族構成は、父、母、ミニチュアダックスのリキ(♂)、本人の4人家族。ワンコは近藤が生まれる前から飼われているため兄扱い

-「藍月」と書いて「あき」と読む。初対面に人には、なかなか一発で読んでもらえない

-名前の由来は、誕生した日がブルームーンであったため。「ブルームーン=あおい月⇒藍月」と名付けられた
-名前の由来は、生まれた日がたまたま&color(red){数万年に1度};とされるブルームーンであったため。「ブルームーン=あおい月⇒藍月」と名付けられた

-近藤姓のプチモは2009年の近藤ななみ以来でニコプチ史上2人目

-2018年8月現在、小5プチモは近藤だけ。唯一の最年少

-趣味は、おしゃれに関することの研究とコスメ集め

-特技は新体操。&color(red){柔軟性};は、プチモの誰にも負けない自信アリ

-やっている習い事は、ジャズダンス、ボディバランス、トランポリン、ヨガ、学習塾。基本、体を動かすものばかりであるが、さすがに勉強もしないとと思い、塾については小5になってから始めた

-好きなブランドは、アルジー、ジェニィラブ、ジュエルナ、バイラビット、ベティ

-好きな食べ物は、梅干しとトマト。高田凛が聞いたら卒倒するんじゃないかというくらいの嗜好

-憧れ・目標は、事務所の先輩で現ニコモの黒坂莉那

-2018年4月より「パーラービーズ」のテレビCMに出演

-小2からプチ読。今回、はじめて応募し、出演できたプチコレ(2018)にて、イキナリプチモに選出される

-2018年6月22日、自身のプチモ選出が発表されるニコプチ8月号の発売と同時に、公式インスタグラムを開始する

-ただし、そんな8月号では、あくまで新プチモ決定の発表のみ。掲載された写真も、プチコレ時のもの。撮影を経ての正式なプチモデビューは10月号からとなる

-とにかく変顔が得意。2018年10月号の「新モ特集」において、さっそくプチモの変顔女王関谷瑠紀に対し、「ルキちゃんと変顔対決したい。勝つ自信もある!」と&color(red){ケンカを売る};。意外と強気キャラ

-2019年6月号からスタートした、通年の着回し物語の新シリーズ「ユナちん&アキぴょんの着回しツインズエイリアン」にて、高比良と共にダブルで主役を務める。ストーリテラーが入江ということで、完全にプチコレ2018出身組による物語となる

-2020年4月、先代関谷瑠紀の後を継ぎ、&color(red){ALGY 8代目イメモ};に就任する

-2020年4月号で初表紙。表紙モデルは、近藤、高比良、入江ということで、プチコレ∞を経てプチモになった同期3人。初表紙が同期全員ということで、3人にとって、ひときわ思い入れのある

-なお、その直後にプチを卒業した高比良はニコラへ進級。入江はその秋にミスセブンティーン2020を経てST専属が決定する

-こうして、これまで「プチモオーデ組」「キラチャレ組」と比べ、プチコレ選出組からはイマイチ大物が誕生していなかったところ、近藤の期については一気に卒業後に活躍するケースが続出となる

-2020年6月号では、これが最後の登場となる高比良から、直々に「カーリーの後継者はアキだと思ってる。みんなを引っ張ってって」と、&color(red){ガーリー担当に指名};される

-コロナのため、ネット配信限定となった2020年卒業世代(ルキユナ世代)のプチモ卒業式に、在モを代表してただ一人参加し、立ち会う。例年であれば、在モ代表(送辞担当)は、翌年のニコラ行きのサイン。これにより、一気に近藤のニコラ進級の可能性が高まる

#br

***ニコプチ登場メモ [#zc79f0ce]
-プチコレ選出
--合格時時学年:小5
--合格時身長:150cm
-2018年10月号:ニコプチデビュー
-2019年06月号:着回し連載スタート
-2020年04月号:初表紙
-2020年12月号:2度目の表紙