石井杏奈 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 石井杏奈 へ行く。

***プロフィール [#u0622795]
#ref(wait2.png,right,around)
-石井 杏奈 (いしいあんな)
-1998年7月11日生まれ
-かに座
-O型
-東京出身
-LDH所属
#br

***ニックネーム [#ff5ca147]
-アンナ
#br

***どうやってプチモになった? [#q41fe8ca]
-事務所顔見せ
--事務所単位で個別に実施される専属モデル採用のための面接、いわゆる「顔見せ」に合格
--不定期に事務所単位で実施される専属モデル採用のための面接、いわゆる「顔見せ」に合格
--2010年10月号より、ニコプチ専属モデル(プチモ)
--最初の撮影は、同期合格である永野芽郁と一緒に。2人そろって、新プチモとして誌面デビューする

#br

***特記事項 [#v49aec1c]
-LDHが将来的にアイドルグループ結成の布石として打った、所属者を小学生雑誌(ニコプチ)、中学生雑誌(ピチレモン、ニコラ、ラブベリー、ハナチュー)の各誌に専属モデルとして広く送り込むという、5年後10年後を見据えた長期的な計画につき、石井はニコプチ担当として、同誌専属モデル(プチモ)となる

-その後、石井に続き稲垣莉生も、2010年12月号よりニコプチ専属モデル。当時は、現在のニコプチのライバルである小学生雑誌「キラピチ」が創刊前だったことから、ニコプチに2人送り込まれた形

-その他の雑誌の担当としては、1誌につき1人ずつ。石井と仲良しの山口乃々華はピチレモンに、坂東希はハナチューに、藤井萩花がラブベリーに、藤井夏恋がニコラへと配属される

-その結果、LDHサイドの狙い通りに、石井はじめ、それぞれが同年代の女の子のファンを多数獲得。これが数年後、E-girls人気として結実し、紅白出場も果たす人気グループへと成長する

-なお、この一連の成功体験をまねて、オスカーがX21を使い、同様に各ティーンファッション誌にメンバーを送り込んだものの、&color(red){大コケ};したのは記憶に新しいところ

-wikipediaの石井の項には「2010年、雑誌『ニコ☆プチ』にモデルとして登場」とあるが、正確には「ニコプチ2010年10月号より&color(red){専属モデル(プチモ)};が正しい 

#br
***ニコプチ登場メモ [#h2ab0f80]
-顔見せ
--加入時学年:小6
--加入時の身長:151cm
-2010年10月号:初登場
-2010年12月号:以後登場なし(実質卒業)