石田結耶 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 石田結耶 へ行く。

***プロフィール [#v0b8c8ec]
#ref(yuya3.png,right,around)
-石田 結耶 (いしだゆや)
-2004年5月7日生まれ
-おうし座
-B型
-静岡出身
-インセント所属
#br

***ニックネーム [#v33624df]
-ゆやゆや


#br
***どうやってプチモになった? [#cdd2f28b]
-プチコレ選出
--2017年実施の第7回プチコレに、スー読ステージ&ジディーステージに出演。参加者全員を対象とした選考を経て、専属モデルに選出される
--専属昇格の発表は2017年8月号
--プチモデビューは2017年10月号
#br

***ニコプチでのあゆみ [#m1c236f4]
-ニコプチ初登場は、2014年6月号掲載の第33回コーディネイト選手権。読モとしてのスタートは岩崎春果と同期にあたる。当時小4で身長は131cm

-以後、第35回(2014年12月号)、の第36回(2015年2月号)、第37回(同4月号)、38回(同6月号)と、&color(red){4回連続でコーデ選手権入賞};を果たす

-その後、小5となって参加した2015年の第5回プチコレにて、スー読(スーパー読者モデル)への昇格が発表。イベント参加者の前でお披露目され、同年10月号よりスー読としての活動がスタートする

-スー読昇格決定の連絡は、プチコレの直前にあり、母が電話を受ける。母からその報告を聞いた瞬間、うれしくて飛び跳ねて喜ぶ。と同時に、あまりにうれしすぎて熱が出て、その後&color(red){しばらく寝込む};ことになる

-小5でスー読となったため、2016年度はスー読2年目となり、リーダー的存在として活躍する。スー読の特集では常に1番最初に登場し、以下の卒業特集ではセンター

-新中1となった2017年6月号にて、スー読卒業。卒業生5人による卒業特集が掲載される。この特集の中で、最も印象に残っている撮影として、斉藤梨鈴と行ったプリキュア声優体験ロケ(2015年12月号掲載)をあげる

-6月号発売からすぐ後となる2017年4月29日。ニコプチ関連のイベントとしてはラストとなる「プチコレ2017」に出演。これをもって完全に卒業となるはずであったが、専属モデルに選出されるというまさかのサプライズが待っていた

-2017年6月22日発売の8月号にて、上記の通り第7回プチコレ選出枠として、専属モデルに選ばれたことが発表される。石田のように、いったん卒業した後、改めて専属として返り咲くというのは、&color(red){ニコプチ史上で初};のケース

-また、スー読からプチモになるケースも意外と珍しく、過去にあるのは関りおん、丸山蘭奈の2例だけ。「スー読⇒プチモ」コースは、今回の石田で3人目となる

-さらに、中1の10月号から専属加入というのは、中2の6月号で一律卒業となるプチモにあって、&color(red){最も遅い};ケース。この最遅加入パターンは、2012年のプチコレ選出で、同年10月号加入の南乃彩希以来で歴代2人目

-実は、スー読となって1年たった小6の夏、第5回プチモオーディションに応募していた。結果は落選であり、そのときの悔しかった思をバネに、ますますスー読としてがんばるようになる。この姿勢が編集部の目に留まり、スー読卒業時、最後となるプチコレにて、プチモ選出につながったといえる

-プチモとして初登場となる10月号では、プチモ連載vol.4に登場。1ページ全面を使った個人特集「石田 結耶プチモになりました!」が掲載される

-同10月号では、ニコプチ小学「学力テスト」に参加。新プチモながら、1位の安村真奈に次ぐ、全体で2位という好成績を収め、さっそく優等生っぷりを発揮する

-新プチモとして、初めての撮影に臨んだ際、メークルームにて。石田から、先輩プチモたちに「このアプリで遊びませんかー?」と、積極的に声をかける。その後、みんなでジェスチャーゲームを行い、すっかり仲良くなる。長年スー読として培ってきた経験と、&color(red){コミュ力の高さ};がよく現れたエピソードといえる

-芸能プロダクションへは、プチモとしてデビューした2017年8月現在も、所属ナシ。ファンレターのあて先も「編集部あて」となっている。一般的に、プチモだけでなく、スー読ですら、事務所に所属しているケースが多い中、石田は数少ない無所属組。そんな&color(red){読者と近しい存在};といえる点も、人気の要因の1つとされる

-2017年11月、インセントグループ(ジュニア部門)への所属が決まる。読モ時代、スー読時代、プチモ時代(2017年6月〜10月)を通じて、初めてのプロダクション所属となる

-2018年2月号の「仲よしコーデ相関図」特集に、前田優衣と共に、"ゆーコンビ"として登場。石田が「ユイがプチモになったとき、読モの星!ってすごい感動した」と語れば、前田は「実はスー読にあこがれてた」と返す。そもそも、読モになったのは石田が先。遅れて、前田が同じく読モに就任。その後、石田がスー読に昇格すると、こんどは前田がオーデに合格し、プチモ(専属)に。さらに半年後、石田もプチコレをへてプチモになり、現在に至る。まさに、両者こうして抜きつ抜かれつを繰り返してきた

#br
***どんな女のコ? [#y43e6c64]
-父、母、姉、本人の4人家族。姉とは12コ離れている

-チャームポイントは顔の小ささ(タテ17cm×ヨコ12.5cm)

-これまでやってきた習い事は、チアダンス、水泳、ウォーキングレッスン、塾

-特技は&color(red){居合};。もともと姿勢が悪かったため、その矯正のためにと母の勧めで、小6から習い始めた。今では、猫背もすっかり治り、集中力アップも実感している

-とにかく&color(red){負けず嫌い};な性格。体育の授業の水泳で泳げなかったことや、学校行事の宿泊訓練でやったカヌー体験で水が怖かったことなどから、水が苦手な自分が許せなくて、あえてそれを克服するため水泳を始めたほど

-一番好きな色は黒。プライベートでのファッションも基本、オトナ系、クール系が多い

-2015年には、ナゴヤキッズコレクションのイメージモデルに選ばれる

-下の名前の「ゆや」は、若干言いづらい。ニックネーム「ゆやゆや」は、ますます言いづらい

#br
***ニコプチ登場メモ [#e53d0cab]
-プチコレ出身
--プチモになった時の学年:中1
--プチモになった時の身長:151cm

-読モ時代
--2014年06月号:第33回コーデ選手権
--2014年12月号:第35回  〃
--2015年02月号:第36回  〃
--2015年04月号:第37回  〃
--2015年06月号:第38回  〃

-スー読時代
--2015年08月号:スー読昇格発表
--2015年10月号:第39回/スー読特集
--2015年12月号:第40回/プリキュア声優体験
--2016年02月号:スー読1万円コーデ対決
--2016年04月号:第41回コーデ選手権
--2016年06月号:第42回  〃
--2016年08月号:プチコレBOOK
--2016年10月号:第43回/スー読特集
--2016年12月号:関コレBOOK
--2017年02月号:第44回コーデ選手権
--2017年04月号:第45回  〃
--2017年06月号:スー読卒業特集

-プチモ時代
--2017年08月号:プチモ決定が発表
--2017年10月号:プチモデビュー/個人特集
--2017年12月号:私服撮影
--2018年02月号:クッキング部