千葉泉恋 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 千葉泉恋 へ行く。

***プロフィール [#ja5f865e]
#ref(sumiko.png,right,around)
-千葉 泉恋(ちばすみれ)
-2004年3月19日生まれ
-うお座
-O型
-東京出身
-エイジア所属
#br
***主なお仕事 [#fdb3c2f3]
-【雑誌】ニコ☆プチ(2015年4月号〜)
-【カタログ】ティンカーベル グラフィア(2015 秋冬)
-【新聞】読売KODOMO新聞(複数回)
-【雑誌】月刊オーディション(2016年1月号)

#br
***ニックネーム [#d6e352dd]
-スミレ、すー

#br
***どうやってプチモになった? [#xf973e99]
-プチモオーディション
--2014年実施の第3回プチモオーディションでグランプリを受賞し、専属モデル(プチモ)となる。プチモデビューは2015年4月号
--現在の事務所にはスカウトで所属。プチモオーディション応募時には、エイジアプロモーション所属として応募する
--なお、千葉の合格した回には、当時"仮所属"扱いの黒坂莉那(後に正式契約)も合格しており、エイジアにとっては、同オーデにて実質プチモ2枠を獲得することとなった

#br
***どんな女のコ? [#l6d8e33c]
-下の名前は、泉(い&color(red){ずみ};)に恋(&color(red){れ};ん)で、濁らず「すみれ」と読む。ときどき「せんれん」や「いずこ」と誤読される。一部プチ読からは、「すみこ」の愛称でも親しまれる

-名前の由来は、3月生まれということで、春に因んだ名前にしたかった両親の希望による。また、なるべく他と被らない漢字を当てようとし、音の響き&見た目の美しさから「泉恋」に決めた

-家族構成は、父・母、2コ上の兄、そして本人の4人家族

-マンガオタク。特に好きなのが「ONE PIECE」で、全78巻を所持。何度読み返しても飽きないほど

-歴女。好きな武将は織田信長

-初期のころのAKB48のファン。とくに前田敦子が大好きで、握手会に行ったこともある。AKBで最も好きな曲は「大声ダイヤモンド」

-いま一番欲しいのはワンちゃん

-憧れの女優は西内まりやと三吉彩花と桐谷美玲。モデルも女優もできる人が理想

-自身のオフィシャルブログのタイトル「☆We Can Fly☆」は、大好きなHappinessの曲名から


#br

***エピソード [#ze5838e7]
-ニコプチ本誌初登場は、オーデ合格前の2013年12月号「Barbie×ニコ☆プチ モデルフォトコンテスト」結果発表。千葉は、"バービースナップ賞"受賞者として掲載される

-プチモの先輩で憧れは香音と生見愛瑠

-紹介ページにて編集部が付けるコピーは「おっとり&のんびり」「プチモ1のマイペース」「ほんわか女子」。自身でも「ボーっとしてる」と評するように、基本にぎやかなコが多いプチモにあって、稀少な存在

-とはいえ、好きな科目は体育。特技は、小2から続けているバドミントン&ダンスといったように、その外見に反し実はスポーツ万能っコ

-実際、バドミントンの町内大会の常連で、ダブルスでは優勝経験もあり、多くのメダルを獲得する他、2015年のプチモ運動会においても、全員リレーのプチモトップバッターを務めたり、網くぐりで豪腕を発揮したりと、チームの勝利に大きく貢献。元祖スポーツ万能プチモ関りおん卒業後、ニコプチ内における運動神経抜群キャラを確立する

-2015年6月号の原宿ナビゲート特集「原宿ツアーズ」では、生見愛瑠と2人で原宿竹下通りにてロケを行う。その際、マリオンクレープでクレープを食べていたところ、中身の白玉がポロっと千葉の服の上に落下。べっとりと染みをつけてしまう。本人曰く「私服だから良かったぁ〜」ということで、もし撮影用の衣装であったなら買い取りになっていたところ、危機一髪免れる

-2015年8月号の着まわし連載「SPEC学園物語」に、スミレ役でゲスト出演。おとなしくて引っ込み思案なのに、恋愛には超積極的な乙女を演じる。飼育係として世話するウサギを助けるため道路に飛び出したところ、トラックに轢かれる

-実はプチモの小顔トップクラス。2015年7月の公式ブログに掲載した西川茉佑とのツーショット写メにて、それまで一番の小顔とされた西川より、さらに千葉の方が一回り小さいことが判明する

-2015年8月11日の「ニコプチ×京王百貨店 夏のKIDSファッションショー」にプチモとしてゲスト出演。この春にプチモになったばかりの千葉にとっては、初のブランド関連のイベントとなる。涼凪や岩崎春果らと共に、ファッションショーやツーショット写メ、抽選会などを通じ、直接に読者やファンと触れ合う

-プチモ同士でポーチの中身チェックをしていたときのこと。可愛いコスメでいっぱいの他のプチモたちに対し、千葉だけ中身が異色。たくさんの目薬や胃薬が出てきたことで、とくにオトナたち編集部スタッフを心配させる

-中1のクリスマス、サンタさんからのプレゼントは、イングファーストのお洋服。前からずっと欲しかったチェスターコートが届く

-2016年2月号の「プチモのお部屋公開」企画に登場。ニコプチの撮影スタッフが自宅まで訪れ、実際に自分の部屋で撮影を行った。その際、普段から「E-girlsファン」を公言している通り、CDやポスター、ライブDVDなど様々なグッズを公開する。なお、E-girlsの推しメンは藤井夏恋

-2016年の春休み、同い年のプチモ岩崎春果が所属するアイドルグループのCD「原駅ステージA&ふわふわ『Rockstar/フワフワSugar Love』」のリリースイベントに参加する。自身でCDを予約し、握手券を入手。岩崎には完全に内緒だったこともあり、会場で千葉の姿を見つけた岩崎はビックリ

-4月からはついに中学生。新しいクラスが発表されると1年1組。これにより、小1から小6まで1組だった記録をさらに更新し、&color(red){7年連続で1組};となる

-そんな中学では、町内大会で優勝経験もあるバドミントン部に入部。モデルお仕事の関係上、体育館で活動することで日焼けが防げる点、一石二鳥。とはいえ、まだまだ新入部員ということで、筋トレ中心の日々。シャトルを打たせてもらえないどころか、ラケットさえ握らせてもらえない

#br
**プチモとしての歩み [#fc943b70]
-第3回プチモオーデ
--加入時学年:小5
--加入時身長:145cm
-2015年04月号:ニコプチデビュー
-2015年06月号:原宿ロケ
-2015年08月号:着まわし連載(スミレ役)
-2015年10月号:私服パトロール
-2015年12月号:プチモ運動会
-2016年02月号:プチモのお部屋公開
-2016年04月号:ディズニーロケ