美月 の変更点

出典: ニコプチのモデルを目指すJSのためのWiki 『ぷちぺでぃあ』
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 美月 へ行く。

***プロフィール [#ta7f729d]
#ref(wait2.png,right,around)
-美月(みづき)
-2006年9月10日生まれ
-乙女座
-?型
-東京出身
-エイベックス所属
#br

***ニックネーム [#z07080a7]
-ミヅキ

#br

***どうやってプチモになった? [#lfb0d8ce]
-キラチャレ出身
--エイベックスの新人コンテスト「キラチャレ2018」のモデル部門において、ニコプチ賞を受賞
--その副賞として、プチモになれる権利を獲得する
--ニコプチ2019年4月号より、同誌専属モデルとしてデビュー

#br
***デビューのきっかけ(キラチャレ関連) [#a9601062]
-デビューの直接のきっかけは「キラチャレ2018」であるが、この年のモデル部門でニコプチ賞を受賞したのは、美月と井口虹姫の2人。結果、揃って2019年4月号から同時にプチモ加入となったものの、過去の同賞の受賞者は、毎年1人というのが定番であった

-今回のように、ニコプチ賞を2人が同時受賞したのは、黒崎レイナと船橋愛が受賞した2009年以来であり、実に9年ぶりのこととなる

-なお、美月は、ニコプチ賞だけでなく、モデル部門全体のグランプリ(キッズの部)も同時に受賞している。この&color(red){ダブル受賞};というのは、2010の福島雪菜、2015の安村真奈、2017の石山えこに続いて4人目となる快挙

-ちなみに、キラチャレのモデル部門は、美月たちの2018年実施分から、応募時の学年により「キッズの部(小学生)」「ティーンの部(中学生)」に区分され、それぞれグランプリが1人ずつ選出される形になった

-よって、より正確に言うと、美月は「モデル部門−キッズの部」のグランプリである

-さらにキラチャレについて加えれば、ニコプチの専属モデルは中1の終わりで卒業となるため、「中学生の新プチモ」というのは実質あり得ず、必然的にニコプチ賞の対象はキッズの部限定(小学生のみ)ということになる

#br
***どんな女のコ? [#a1994266]
-本名は越智美月。上記キラチャレにも「越智姓」での応募&受賞であったが、プチモデビューに先立ち、芸名として、名字ナシの「美月」とする

-2文字名のプチモは、現役としては琴楓、聡美に次いで3人目。歴代全モでは、奏音、桃果、香音、涼凪、乃亜がいて、通算するとプチモ史上8人目

-そんなニコプチの2文字名プチモは&color(red){めちゃめちゃ縁起がいい};。今回、琴楓が表紙をやったことで、実に7人中6人が表紙を経験している上、3人がニコラへ進級を果たしている。こうなると必然、美月にも大きな期待がかかる

-みづきの&color(red){づ};の字は「つにてんてん♪」

-特技はダンス
-特技は腕なわとび。もともと肩の関節が柔らかいことに加え、あまりに手が長すぎるため、両手を握ったまま、うでをぐるぐる回す要領で、ぴょんぴょんとジャンプすることができる。ただし、これを人前で披露すると、キモがられることも多い

-プチモプチモデビュー時の身長は160僉これは、前田優衣(166)、安村真奈(161)に次ぐ&color(red){プチモ史上で第3位};という高さ

-見た目は、大人っぽく落ち着いた雰囲気であり、まさに美人系の女のコ。ところが実際は、初対面の相手に対しても、先輩モに対しても、まったく臆せず自分からグイグイ話しかけるタイプ

-2度目の撮影では、空き時間や待ち時間に、ひとりで歌ったり、踊ったりと、さっそく本領発揮。スタジオにある物を使ってモノボケを披露するほど

-結果、編集部から「性格サバサバの&color(red){お笑いキャラ};」と認定され、新モにして早くもお笑い担当関谷瑠紀を脅かす存在になりつつある

-そんなキャラでありながら、実は勉強もできる。2019年4月号で実施された「ニコプチ小学校」企画の抜き打ちテストにおいて、最初はめちゃめちゃ嫌がってみせたものの、やってみれば第4位という好成績。おまけに、編集部コメントとして「ミヅキは新モの中で企画への取り組み方がダントツ!」と評されるなど、今回の参加メンバーで&color(red){最も高い評価を獲得};する

-10月号では、憧れの着回し物語にゲスト出演。カリスマユーチューバー「みづっきー」を演じる

#br
***ニコプチ登場メモ [#rb5e7067]
-キラチャレ2018出身
--加入時学年:小6
--加入時の身長:160cm
-2019年04月号:プチモデビュー
-2019年06月号:ニコプチ大運動会2019
-2019年10月号:着回し物語